ゴルフ情報館 イメージ画像

ゴルフ100…

完璧な腕の使い手 パイプラインモーと呼ばれた正確無比なショットの持ち主

ベンホーガンやバイロンネルソン、サムスニード等を含めても最高のボールストライカーはモーノーマンだ。

有名プロのコメント集

リー・トレビノ

「モーほど正確にボールを打つゴルファーは他にいない。彼はボールをいつも芯で捉え、ボールが何処に行くか知っている。」

ゲイリー・プレーヤー

「私の知るかぎりでは、モーほど無駄な動きの少ないスウィングをするものはいない。」

ケン・ヴェンチュリ

「もしフェアウェイの中央にパイプラインを敷いたとしたら、モーのショットはそれに沿って飛ぶだろう。」

トム・ワトソン

「他の誰よりもうまくボールを打つ男を教えよう。彼の名はカナダのモー・ノーマンだ。」

サム・スニード

「彼はゴルフをするのに最も適した両手を持っている。」

ジョン・レッドマン

「今向こうからやって来る人が世界一のボール・ストライカーだ。」

ポール・エイジンガー

「彼が 250 ヤードの標識めがけてドライバー・ショットを打つのを見ていたが、左右に 10 ヤード以上は決してぶれなかった。」

ニック・ファルド

「ボールに当たる瞬間、全てのクラブが同じスピードだ。全く信じられない。」

モーノーマンの伝説

モーノーマンこそ幻のグランドスラマー!
モーノーマンよりもやや上の世代であるサムスニードもやや下の世代であるリートレビノやトム
ワトソンもモーノーマンのショット力には敵わない ニックファルド、ニックプライス、ポールエイジンガー等 メジャーチャンピオンも舌をまくボールストライカーぶり まともな性格で時代が時代ならグランドスラマーになれた筈である

映画がカナダ、米国の共同制作で2016年クランクイン

モーノーマンが死去して約10年・・・

1934年、モーが5歳だった当時、あるアクシデントが彼を襲う。

出身地オンタリオ州のキッチュナー近郊で友人とトボガン(金属のブレードが付いたそり)で雪山を滑っていた時、道路に出て、そりごと車の下敷きに。奇跡的に2人の少年は無傷に見えたが、モーは脳に損傷を負った。ひょっとすると、これが彼の奇癖誕生のきっかけとなったのか?それとも単なる自閉症?もしくは類稀な人物なのだろうか?


モーは社会に適合出来ない性格の持ち主だった。酷く苦しみ、内気で、不安症で、敏感な性格だった彼は、家族との連絡も断つような人。学生時代ウェストモントゴルフ&カントリークラブでキャディーをしていた当時、客がたった50セントしか彼に払わなかったことがあった。モーは25セント硬貨2枚を空に投げ、「俺よりもあんたの方が必要としている銭だろうよ」と言い放ち、客のクラブを木に向かって投げ捨てた。これで1ヶ月の労働禁止処分を受けた。

出展 GOD

モーノーマンの記事

モーノーマンのボールコントロール秘話

1969年にカナダのトロント郊外で行われたエキジビションで、モー・ノーマンはサム・スニードと共にラウンドした。240ヤード先に川が横切っているパー4のホールで、サム・スニードは川の前で刻んだのに対して、モー・ノーマンはドライバーを握って打とうとしていた。サム・スニードがここは刻みのホールだとモー・ノーマンに言うと、彼は川の真ん中にある橋を狙っていると言ってティーショットを打った。ドライバーから放たれたボールは、狙い通りに橋を渡って向こう岸に転がって行った。

 あるエキジビションでは、7時間に渡り1540球のドライバーを打ち続け、一番飛ばなかったボールは225ヤードで、全てのボールが30ヤードの幅におさまっていた。
 またあるエキジビションでは、ティーアップされたボールだけをクリーンヒットし、1本のティーを動かすことなくそのまま使ってドライバーショットを131回続けた。

1971年以来OB無し。

 リー・トレビノは、ベン・ホーガンやバイロン・ネルソンを含めても、世界一のボールストライカーは、モー・ノーマンであると断言する。
 ケン・ベンチュリーは、彼をパイプラインモーと呼んだ。

 1949年オンタリオで行われたアマチュアの1日トーナメントに出場した。彼に出場権利はなかったが、当日欠員のためプレーをすることができた。当日は、スニーカーでぼろぼろのゴルフバックに7本のゴルフクラブで参戦し、67のスコアーで優勝した。しかし晴れがましい優勝パーティーに出席することを嫌い、そのままその場を去った。

 1966年カナダのトーナメントで12戦中5勝、2位が5回、最低でも5位であった。
 1979年に50才になり、7年連続カナダプロシニアに優勝する。8年目は5位に甘んじたが、9年目に8打差をつけて再度優勝する。
 40を越えるコースレコードの中で59が3回、61が4回。しかも62才の時に59の世界最年少のエッジシュウトを達成する。

 今年カナダゴルフ協会のゴルフ殿堂入りを、ジャック・ニクラウスと共にしている。

 少年時代は自閉症で見知らぬ人と接するのが苦手で、視線を合わせることもできない。ゴルフ以外は、興味なし。現在も一月400ドルのモーテルに住み、電話もない。映画の「レインマン」の主人公そのものである。しかし記憶力がすごく良く、ラウンドした全てのゴルフコース、ゴルフショットを覚えている。

 1995年のPGAショウにて、タイトリスト&フィットジョイのユーライン会長より、一生涯にわたり毎月5000ドルをモー・ノーマンに進呈する旨の契約を行われる。ボビー・ジョーンズやベン・ホーガン同様に、モー・ノーマンの今までの偉業に対する感謝と尊敬のしるしであるとのこと。またモー・ノーマンのスイングをビデオに納め、今後のゴルフ界に受け継がれるべく努力をする。
 1955、56年カナディアンアマチュアを連覇して、マスターズ出場の招待を受けた。
 初日は75とアマチュアとしてはまずまず。競技終了後に、練習場にて憧れのサム・スニードからアドバイスを受けたモーは、まるで子供のように嬉しくなり、その後4時間以上もとりつかれたようにボールを打ち続け、気が付くといつしか手は血にまみれ、クラブを握ることができないほどになってしまった。それが原因で、翌日は9ホールをプレーしただけで棄権しなければならなかった。

出展 ナチュラルゴルフ

モーノーマン逸話

モーはカナダツアーでたくさんの試合を優勝をしましたが
一度サスカッチュワンオープンで、3打リードでむかえた最終ホール。
彼はバーディーパットを目の前にして
バンカーから寄せワンをとって優勝できるかどうかやってみたかったので
バーディーパットをわざとバンカーに打ち、
そこから寄せワンがとれるか試したそうです。

もちろん、彼は寄せワンをとり優勝したのですが
グリーン周りで見ていたあるギャラリーは
顔面蒼白。どうやら、モー・ノーマンの優勝に
大金を賭けていたらしい。なんとも罪な人です。


私が大学時代に聞いた話ですが、ある試合で
1打リードで最終ホールを向かえたノーマンは
プレイングパートナーから、
「このホール、ドライバーを打って、そして、SWを打ち
グリーンに乗せたら君が優勝だね」と言われ
「そうだね」とモーはうなずいたあと、
ティーショットでSWを打ち、セカンドでドライバーを打ち
グリーンオン!?そして、そのパートナーに
「君の言うとおり、僕の優勝だよ」って言ったそうです。


モーが10歳後半から20歳の頃は、よくバンカーの中で寝泊りをし、
ヒッチハイクをしながらトーナメントに参加していたそうです。
そして、晩年は車の中で寝泊りをしていたらしいです。

出展 フロリダゴルフライフ

ゴルフチャンネルでモーノーマンの秘蔵映像を観ましたが、何人かのゴルフチャンネルでレッスン番組を担当しいているプロからモーにインタビュー ウェッジでストレートに同じ場所に玉を落としながら・・・何時もクラブの芯で打てるのですか?当たり前だ!ゴルファーは5000万人いるが、本当のゴルフスウィングをわかっているのは俺だけだ!11年間OBは打つていない!ゴルフクラブやボールはただの道具だ!簡単だちょちょいのちょいと・・・

実はこのモーノーマンのエジビションを収めたヴィデオを所有しているが、その正確なショットは衝撃的でした。当時から欧米トーナメント特にメジャー競技をテレビ観戦していましたが、どんな名手も4日間で1度位OBやハザードに入れたり、深いラフに捕まるもんだし、ゴルフは多少 ギャンブル的要素もありスライスやフックし過ぎるミスは当り前だと思っていましたが、モーノーマンは、当時の小さいメタルヘッドドライバーで白線の上にボールコントロールしているストレートボールを打っていました。(250ヤード先の白線です!)

1997~1998年 モーノーマンの晩年ですが、ドライバーで260ヤード先の白線に落とします。ランをして白線に止まるボールもある!勿論フェアウエイウッドでも同様です。このビデオがYOU TUBEに上がらないのも不思議

モーノーマンのグリップ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ