ゴルフ情報館 イメージ画像

スポーツニュ…

ゴルフを「始めさせたい」面々に問われる本気

危機感を行動に移せているか

ゴルフ業界では9月から「秋のゴルフシーズン」という。涼しく過ごしやすい今の時期は、ゴルフをするのにいい季節だ。

ゴルフ業界関係者の悩みはゴルフ人口の減少。バブル崩壊直後の1994年には1200万人ほどだったが、現在は約800万人と推定され、ピークから3割以上減っている。日本全体のキーワードでもある「高齢化」が、ゴルフの世界でも進んでいる。

「生涯スポーツ」なのに、プレーヤー数が減少

ゴルフは一応「生涯スポーツ」と銘打たれ、野球やサッカー、ましてはラグビーなどの激しいスポーツのように年齢を重ねるごとにプレー人口が減っていくのではない。むしろ増えていく傾向にあるはずながら、今の50代、60代がそのまま20年、30年とプレーできるとは思えず、将来的にますますプレーヤーの減少が心配されている。

ゴルフを始めるにあたっての一番大きな障害は「おカネがかかりそう」ということだろう。その「おカネ」の部分の不安を取り除くことがゴルフ業界関係者のテーマだ。

いち早く「大人にゴルフを始めてもらう」ためのサポートを始めたのが販売大手のゴルフパートナーである。「はじめてのごるふくらぶプロジェクト」(はじごる)を昨年8月から始めた。

これはゴルフをやってみたい人にポイントカード会員(無料)になればゴルフクラブを1本プレゼントする企画だ。ジュニアとレフティ(左利き)は対象外で、原則は「大人」がターゲット。「クラブ1本もらっても」と思う方もいるだろうが、筆者がゴルフを始めたきっかけは、先輩に練習場に連れて行かれ、7番アイアン1本だけを借りて、コースデビューしたことだった。

1本あれば、練習場に行って打てるし、数万円のセットで買う決断ができなくても、きっかけにできる。ゴルフパートナーによれば、今年8月にクラブ1本もらった人が3万人を超え、もらった人の50%以上がその後にゴルフ用品を買ったり、練習場に行ったりしているという。

20歳限定、無料でゴルフができる企画

リクルートライフスタイル社が昨年8月に始めた「ゴルマジ!20~GOLF MAGIC~」も、若者層がゴルフを始めるきっかけをつくっている。

「大人」の仲間入りした20歳限定で全国300近い練習場やゴルフ場の利用料金を無料にする企画で、1期目では会員登録(無料)が9000人を超え、80%以上がゴルフ継続を希望しているという。

現在は利用施設が増え、2期目に入っている。そのほかでも「大人世代」にゴルフを始めてもらおうという企画は、メーカーなども企画してきている。

出典golfio.net

ゴルフパートナーやリクルートライフスタイルに共通するのは、「損して得(徳)取れ」の発想なのだろう。それぞれの企画で大きな「損」をしたワケではないだろうが、ゴルフクラブ3万本は多分バカにならない金額。

それが大きな「得」になるかどうかは未知数だが、そんなビジネスでは基本とされる発想に至らなくなっている今のゴルフ業界のムード。まだ業界を横断するような取り組みにはなっていないが、変えようという動きではある。

出典golfio.net

将来だけでなく、「今どうするか」の問題解決も必要

ジュニアゴルフでは「ザ・ファースト・ティー運動」という“子供たちに、ゴルフを通じて人生に必要な能力や人生の価値を教える米国発祥のプログラム”が日本でも稼動してきていることは、一度紹介した。

ただ、子供たちが大人になり、ゴルフ場やゴルフ練習場に自分のおカネで足を運び、クラブなどの道具を買うという年齢に達するまで時間がかかる。

「それまでには日本のゴルフはなくなっているんじゃないか」というゴルフ業界から聞こえる声も、あながちブラックジョークではすまないかもしれない。

「大人」になると、費用、時間、体裁……などが気になって、なかなか新しいものに入っていけなくなる。ただ、ゴルフ市場活性化委員会で「20代後半」がターゲットだとしているように、大人の世代にゴルフを始めてもらわなければ、今のシニア、将来のジュニアの間を埋めていけなくなる。

「ジュニア育成」にはプロゴルフの各協会などが力を入れているが、これはかなり先の将来を見据えてのこと。「今どうするの」という問題は解決しない。並行して20~40代の「大人育成」も必要になってくる。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ